セレンゲティ


額縁寸法(mm)

1360 x 930 x 40

コンセプト

施設開設当初より紙漉きをやり、多種多様な紙工品づくりに挑戦してきたが、その中には泥を使った泥紙もある。畳い草を染める泥や、沖縄の赤い泥、中国の黄土や身近な泥など様々な泥を使い、タペストリーや壁紙などを作ってきた経験から、和紙の他にも段ボールに黄土を流した作品も作ってきた。また、ふだん紙や布、糸を柿渋や藍で染める作業もしているので、段ボールに柿渋や藍で絵や文字を書くこともよくある。今回、田口梅屋製の竹筆を使用したが、段ボールにも強く反発し、乱暴な扱いにもよく耐えてくれている。


展覧会



2022/01/20 (木曜日) ~ 02/13 (日曜日)



2022/04/08 (金曜日) ~ 04/17 (日曜日)



Share

Facebook